ケノンvio脱毛|iライン粘膜(黒ずみ)やハイジニーナのコツ

この記事を読む時間:約 3

ケノン vioやり方や頻度|粘膜部分は抜けない?

ケノンvio効果はある?

ケノンはvioの効果ない?

ケノンのvio脱毛の写真や画像は多く上がってるけど、いまいち効果が分からないという方もいるかもしれません。

また、iライン(粘膜・黒ずみ)の使い方(レベル・コツ)はどうするのか?

など、気になることも多いと思います。

ケノンはiラインの粘膜に直接当てることはできません。しかし、粘膜や黒ずみギリギリまで当てることはできます。

効果を感じるスピードやコツに個人差はありますが、当てた部分はきちんと抜けてきます

ケノンを使ってiラインの脱毛はちょっとしたコツがあるので、お伝えしますね。

ケノンは、脱毛サロンと同じフラッシュ脱毛という脱毛技術を採用しています。

本格的な家庭用脱毛器です。照射した毛穴から毛根に熱を射て、ムダ毛の発毛機能を弱めて徐々に薄くしていくという特徴があります。

2019年4月27日、ケノンから新型のスーパープレミアムカートリッジが登場しました!

従来のプレミアムより強力で、照射回数最大300万発です。

出力が20%も上がり照射力もアップしています。

旧ケノンと比べ、さらにアンダー(vio)を含めた太い毛の脱毛がしやすくなっています。

スーパープレミアムは、新しくなったケノンに付属していてお得です。
↓ ↓ ↓

新型ケノン・詳細をみる>>

多くの女性が、vio(iラインやoラインも)の毛量を減らしたり、発毛機能を弱らせて生えてくるスピードを遅くさせています。

皆さま、それぞれのデリケートゾーンが衛生的に改善され、お手入れ自体が楽になっています。

ケノンでvioの毛量を減らせば、気になっていたニオイの改善にプラスになります。

まずは、ケノンができることとは、

ケノンvioの効果

です。

vioの毛量を減らしてアンダーヘアーを薄くしたい人におすすめです。

  • vio脱毛を安くすませたい人
  • 脱毛サロンに通えない人
  • vio以外も脱毛したい人

上の3つの条件に当てはまる人にこそ、ケノンを活用して自宅でvio脱毛をして欲しいですね。

ケノンは、痛みをおさえて毛を細くし、vioの毛量を減らしたい人におすすめです
↓ ↓ ↓

新型ケノン・詳細をみる>>

ケノンvio

ケノンvioの粘膜や黒ずみ(色素沈着)について

ケノンでvio脱毛する時、iラインの粘膜付近の脱毛はどうするのか?不安ですよね。

iラインは粘膜があるため、非常にデリケートな部位です。

ケノンでvio脱毛する時、粘膜に直接照射することはできません
粘膜は下着をずらしてガードしたりしながら処理するのが一般的です。

iの内側ギリギリまでケノンで脱毛はできますが、粘膜近くは最後まで毛が残ってしまうこともあり、vライン、oラインに比べて毛が抜けにくく、時間はかかります。

iラインの内側は、どうしても粘膜や黒ずみ(色素沈着)があり、ケノンの照射レベルを高く設定することができません
iラインの粘膜近くは毛が残ってしまい、vラインやoラインに比べて時間や回数が2~3倍かかってしまうこともあります。

iラインの照射レベルは、色素沈着や黒ずみの濃さによって個人差はありますが、照射レベル5くらいからスタートして、肌の調子を見ながら徐々に上げることがポイント(照射前と照射後はしっかり冷やすこと)

vio(アンダーヘア)の毛量が多い方は、ケノンでiの内側をギリギリまで薄くして、粘膜付近の残ってしまった脱毛は、医療系の脱毛に任せるか、ブラジリアンワックスやiライン専用のシェーバーとの併用をおすすめします。

特にiラインの脱毛は、ケノンとワックスやシェーバーと組み合わせるとキレイに処理できます。

ケノンなら、購入時にiライン専用のシェーバーを安く購入できますので、vio脱毛との併用におすすめです。粘膜に近いギリギリまでキレイに脱毛できます

ケノン iライン専用シェーバー

ケノン公式サイトより、ケノン同時購入でiラインシェーバーを特別価格で購入できます

ケノンも、iラインの粘膜や黒ずみのキワの部分ギリギリするならOK。

ただし、iラインは痛みを強く感じるデリケートな部位なので、照射レベルを落として肌の様子を見ながら脱毛していきます。

また、iライン自体、脱毛の効果を感じるのに時間がかかってしまうというのも頭に入れとくこと。

ちなみに、脱毛サロンでも、iラインの効果を実感するのに最低5回くらいの回数が必要です。

ケノンのiライン脱毛も、他の部位に比べて効果を実感するのに時間がかかります。

ケノン vioやけど(副作用)

ケノンを使ってvio脱毛をする際、注意しときたいのが火傷です。

vioのやけどを防ぐには、照射する部分をしっかり冷やすこと。

ケノンは付属のクーリングパック(保冷剤)がありますので、それを使ってvioを照射前と後に冷やします。

広い部位の冷却は、アイスノンを使うと楽になりますよ。

ケノンiライン(粘膜・黒ずみ)のやけど対策

ケノンを使ってiラインを脱毛する際は、やけどにならないように冷やして行います。

特にiラインは、粘膜や黒ずみが人によって気になることもあります。レベルを下げた状態で始め、照射前や照射後のクーリングが、iライン(粘膜・黒ずみ)脱毛のポイントになります。

粘膜のガードの仕方は、サロンの場合は下着をずらして脱毛するのが一般的。
ケノンのiライン脱毛も同じです。

ケノンはiラインの粘膜のギリギリ部分までしか照射することができませんが、きちんと当てた部分の毛は抜けてきます。

特に、ケノンのiラインの脱毛は、生理のときに「脱毛してて良かった!」と実感する女性の方は多いです。

iラインの見た目もスッキリしますが、匂いや清潔感といったエチケット部分で「ケノンでiライン脱毛して良かった」と実感できます。

iラインをはじめvio脱毛の効果は想像以上に快適で、普段のお手入れや外泊時のお手入れがラクになります。

ケノン、メーカーはvラインまで推奨です。iラインは自己責任で多くの女性の方が自宅で脱毛されています。

ケノン vio 生理

生理中や生理前は、ホルモンバランスの影響で敏感肌に傾いてることもあります。敏感肌に傾いていると、痛みを感じやすくなることも。できるだけケノンを使ったvio脱毛は避けましょう。

しかし、どうしてもタイミング的に脱毛したいなら、照射レベルを落として肌の様子をみながら火傷に注意して行ってください。

ただ、一般的には生理前や生理中のvio脱毛はお休みした方が、お肌的にも無難です。

ケノンvioの痛みを抑える

ケノンvioの痛みは?ケノンiライン痛みは?

ケノンでvio脱毛は痛みがある場合もあります。特にiライン(粘膜付近や黒ずみ)の痛みは注意が必要です

iラインは、粘膜や黒ずみがありデリケートな部位なので、ケノンの照射レベルを下げた状態からスタートしてください。

また、鼻の下も痛みに敏感です。ケノンを使う前は付属のクーリングパックで十分に冷やすことがポイントです。

照射前と照射後はしっかり保冷剤で冷やすこと。冷やすことにより、痛みを和らげやけどのリスクを抑えることができます。

ケノンメーカー推奨は、vラインまでです。iラインやoラインは自己責任で行なっていきます。肌の調子を確認しながら、痛みの少ない範囲で行ってください。

ケノンiラインの効果は

ケノン iラインの効果は?

ケノンでiラインの効果を実感するには、voに比べて時間がかかります。

iラインは粘膜や黒ずみ(色素)があるため、痛みに敏感です。

ケノンは iラインに効果なし?

ケノンはiラインでも効果はあります。

しかし、iラインは粘膜や黒ずみ(色素)などがあり、voに比べて非常にデリケートな箇所。

また、iラインは痛みにも敏感なため、どうしても照射レベルを低出力にする傾向があります。

照射レベルと下げる傾向がありますので、vライン、oラインに比べて時間がかかってしまいます。

それから、陰毛は毛周期が他のムダ毛に比べて長いという特徴があります。

 成長期休止期
アンダーヘア1~2年1.5~2年(脱毛しても意味がない)
わき3~5ヶ月3~5ヶ月
4~5ヶ月4~5ヶ月
3~5ヶ月3~5ヶ月

陰部は休止期が長く、休止期に脱毛しても効果はありません。iラインは効果ない?と感じても6ヶ月、1年という計画で脱毛していきましょう!

ケノンでiラインを効率的に効果を出すには、3つのことが重要です。

  • 1、事前にシェーバーで処理すること。
  • 2、iラインをしっかり冷やすこと。
  • 3、毛周期を考慮して長い計画にすること。
  • 特に、ケノンを使う前にiラインをしっかり冷やすことが大事。クーリングパックで冷やすことは、火傷や痛みのリスクを減らすことにも繋がります。

    照射後もしっかり冷やして保湿することがケノンiライン脱毛のポイントです。

    ケノンでiラインを処理する前は、しっかり保冷すること。

    長期計画で行うことが大事です。

    また、ケノンiラインのシェーバーはいつも通りでの処理でOK.

    iラインだからといって特別な処理法はいりません。

    カミソリや電気シェーバー、やりやすいやり方で処理することが大事です。

    メーカー推奨はvラインまでですが、多くの女性がiラインの脱毛にケノンを活用しています。

    ケノン vioに適したカートリッジ

    ケノンでvio脱毛をするときに、前もって準備しときたいカートリッジを紹介します。

    ケノン プレミアム

    ケノンvio脱毛で必要なカートリッジは、プレミアムカートリッジです。

    プレミアムは、ケノン本体に付属しているカートリッジです。

    照射回数が最多なので照射レベル1で100万回、照射レベル10で30万回使える万能カートリッジ。

    照射面積も広く、1つあるだけでvioを含めた全身脱毛が、お部屋にいながらできちゃいます。

    ちなみに、エクストララージは照射面積最大のカートリッジですが、ピンポイントのiライン脱毛には向いていません。

    ケノン プレミアムは、照射力、照射面積のバランスが良く、広いvライン処理からピンポイントで脱毛したい時まで、バランスのとれたカートリッジです。

    ケノンvio脱毛はストロング

    ケノン ストロング

    ストロングは、ケノン史上最大の出力を誇るカートリッジです。vラインなどの太い毛を脱毛するために開発されました。

    アンダーヘアの太く毛量が多い女性・男性にストロングは適しています。

    照射面積もプレミアムより小さく強さがあり、ピンポイント脱毛に適しています。

    ストロングカートリッジをvioに使うなら、照射レベルを4~5くらいに落として痛みを確認しながら徐々に上げていきましょう。

    そのためにも、vioをしっかり冷やすことが大事です。

    ケノン ストロングはiラインにおすすめ

    ケノンのストロングは、照射口が小さくピンポイントで太い毛を脱毛できる照射パワーがありますが、高出力なので粘膜があるiラインに使用する場合は注意してください。

    iラインは粘膜がありデリケートな箇所なので、ストロングの照射レベルを5くらいから始めて肌の調子を見ながら照射していきます。

    iラインは、vやoに比べて粘膜がありとてもデリケート。
    照射レベルを高く設定することが難しく、最後まで毛が残ってしまうこともあります。

    黒ずみや色素沈着が強い方は、無理せずケノン付属のプレミアムカートリッジを使用してください
    プレミアムは、vioから全身脱毛に対応するほどコスパが良い優秀なカートリッジです。

    ケノンのストロングは、アンダーヘアなど太い毛を脱毛するのに適しています。

    しかし、iラインは無理せず照射レベルを下げて、十分に注意しながら照射してください

    ケノンvioの使い方・毛を剃る

    ケノン 使い方|毛を剃る

    ケノンvioの使い方は簡単です。しかし、効率よく脱毛するためには事前処理が重要になってきます

    ケノンをvioに使う前は、事前に毛(vライン・iライン・oライン)を剃ることが大事です。

    カミソリやシェーバーを使って優しく剃ります。

    剃るコツは、毛が生える流れに沿ってカミソリの刃を当てて剃っていくこと。

    毛の流れに反して深剃りしたり、入念に何度も重ね剃りする必要はありません。

    バリカンがある方は、アタッチメント(長さを調整するカバー)を外して毛を短くカットするだけでもOKです。

    ケノン 使い方 バリカンでカット

    ケノンのフラッシュ脱毛は、毛のメラニン色素(黒色)に反応して発毛機能を弱めますので、ムダ毛が軽く残っている方が脱毛しやすいという特徴があります。

    毛抜きはNG。毛根がなくなればケノンで脱毛することができなくなります。

    約1ミリ程度残した状態が脱毛しやすいので、前日に軽く処理しとくと脱毛がラクになります。短く細い産毛は剃らなくても大丈夫です。

    特別な処理をする必要はなく、いつものカミソリや電気シェーバーの処理でOK.

    いつものような処理でOKです。特別な処理をする必要はありません。ただし、毛抜きや深ぞりはNGです。

    ケノンiラインの使い方・保冷剤で冷やす

    ケノン iライン

    ケノンの使い方 肌を冷やす

    ケノンで脱毛する前に、まずはiラインをクーリング(保冷剤)でしっかり冷やします。

    クーリングは、痛みの刺激を減らすためと火傷のリスクを減らすために行います。

    ケノンには、同梱されてる保冷剤がありますので、保冷剤を冷凍庫でしっかり冷やした状態で始めます。

    照射する前に、保冷剤でしっかり肌を冷やすことが重要です。肌を冷やすことにより照射レベルを上げることができます。クーリングがケノンの使い方のコツになります。

    iラインは、他の部位に比べて毛周期が長く、成長期が1~2年、休止期が1~1.5年です。

    (休止期にケノンを照射しても効果はありません。)

    iライン(粘膜近く)にしっかり当てる

    ケノン 使い方 カートリッジをしっかり当てる

    ケノンの使い方で重要なのは、ハンドピースを脱毛したい箇所にしっかり当てることです。

    ケノンの使い方のポイントは3つあります。

  • ハンドピースを肌に当てる
  • 照射ボタンを押す
  • カートリッジを移動させながら射つ
  • カートリッジを肌にぴったりと当てて照射ボタンを押します。光がパシャッと発射すれば脱毛は完了です。

    移動は、照射箇所が重ならないように注意しながら、少しずつスライドさせて移動させます。

    ハンドピースを肌に垂直に当て密着させて下さい。照射口が肌から外れてると、センサーが働いて照射することができません。

    ケノンでiラインが抜けない理由

    iラインは、他に比べて毛が抜けないと言う悩みも多いですが、毛周期から分かるように定期的な長いスパンで行なっていくことが重要です。

    「ケノンはvioが抜けない」のではなく、抜けるまでに他の箇所より時間がかかります。

    vioの中でも特にiラインは毛周期の長さと、粘膜部分の関係から照射レベルを落とす傾向がありますので、時間がかかってしまうのですね

    ケノン iライン 毛が抜けない

    そこで、しっかり冷やすことがiライン脱毛にとって凄く重要になってきます。

    クーリングしなければ、痛みや火傷のリスクが高くなる他に、照射レベルを上げることができません。

    照射レベルが低いと、脱毛を実感するスピードが遅くなります。

    iライン脱毛は、照射前と照射後にしっかり部位を冷やすこと。

    ケノン iラインの照射レベル

    iラインの照射レベルは、肌の様子や痛み具合をみながら、4~5くらいから始めてみて少しずつ上げてみてはいかがでしょうか。

    しっかり冷やさないと痛みがあり、照射レベルを上げることができなくなります。

    メーカー推奨はvラインまでです。でも、iライン、Oラインは自己責任でみなさんやられています。

    照射前はシェーバーやカミソリで簡単に処理しときます。(難しい処理は必要ありません。)

    ケノン 連続照射の使い方

    ケノンは連射機能がついていますので、移動させながら自動に連続照射させます。

    連続照射の使い方は、スライドさせるだけでOKです。センサーが感知すると連射機能がスタートしますので、照射ボタンを押さずに移動させるだけです。

    ケノンiラインの使い方・照射後

    照射後の保冷は大切です。太ももや脚など広範囲の脱毛後は、クーリングジェルを使ったり、アイスノン(枕)を活用すると冷却がラクになります。

    ケノン照射後は保湿が重要です

    ケノン 使い方 保湿は埋没毛をケア!

    ケノンは熱を発して毛根にダメージを与えて脱毛していきますので、照射後は肌が乾燥しやすい状態になっています。

    照射後は保湿クリームなどで十分に保湿することが大事です。

    ケノンの照射後に保湿するメリットは、埋没毛になりにくく肌のターンオーバーを促進させてくれますので、肌トラブルの予防になります。

    ケノン oラインのやり方

    ケノン oライン

    ケノンを使ったoライン脱毛のやり方は簡単です。

    ケノンoライン脱毛の体勢

    ケノンを使ってoライン脱毛するときの体勢は、色々なやり方がありますが、ご存知のようにオーソドックスな鏡を使った方法がおすすめです。

    鏡を跨ぐように脱毛します。コツは痛みを和らげるためにも、照射前にしっかり冷やすこと。

    事前処理は、フェイスシェーバーなどを使って行うと簡単に剃ることができます。

    ケノン oラインの照射レベル

    ケノン oライン脱毛は痛みを伴うことがありますので、照射レベル5から始めてみてはいかがでしょうか。

    肌の調子や痛みの度合いを確認しながら、徐々に照射レベルを上げていきます。

    照射前はしっかり保冷剤で冷やしてください。

    ケノンvioでハイジニーナ(つるつる)するコツ

    ケノンでvio脱毛する人の中には、ハイジニーナ(つるつる)目的の人も多いです。

    ご存知だと思いますが、ハイジニーナのメリットは、見た目の良さと(清潔感)衛生的な面です。

    また、ケノンを使うメリットは、自分で自由に本格的なフラッシュ脱毛を行えること。恥ずかしくないというのも大きなメリットかな。

    デメリットは、時間がかかり、iラインが抜けにくいこと。

    急いでいる人や脱毛サロンに通える人は、最初からサロンのハイジニーナコースがおすすめです。

    しかし、時間を気にしければ、ケノンはvio以外の箇所もでき金額的に見てもお得です。

    ケノンを使ってハイジニーナにするには、最初に全剃りします。

    おすすめはレベル10です。ただ、肌の様子や痛み具合と相談しながら進めてください。

    iラインはかなり痛いです…
    (熱くなるからしっかり冷やすことが重要。)

    時間もかかります。でも、vに関しては、2~3回くらいから徐々に抜けてくる毛も出てくるはず。

    また、どうしても射ち漏れも出てきますが、根気よく続けることがポイント。

    回を重ねるごとに毛も柔らかくなり、生えてくるスピードも遅くなってきますので、処理が楽になってきます。

    iラインはしぶといです。vの3~4倍時間がかかると思って、気長に続けることが大切です。

    iラインは痛みが強く、どうしても照射レベルを落として照射してしまいます。

    脱毛前は、クーリングパックでしっかり冷やして下さい。

    できれば、vと同じ照射レベルにする方が早く効果を実感できるはずです。

    ケノンは男のvioに使える?

    ケノンを活用して多くの男性がvioの脱毛をしています。とくに金玉袋や肛門周りの毛はやり方が難しいので慎重に行います。

    玉袋の陰毛は意外に生えています。できるだけ玉袋は脱毛したいですよね。ケノンでもできますが、ケノンも永久脱毛ではありませんので、玉袋の脱毛は脱毛ワックスやシェーバーとの組み合わせが簡単でスッキリしておすすめです。

    oライン(肛門の周り)の脱毛は、バリカンやシェーバー、カミソリで軽く剃ってケノンで照射していきます。陰毛の量や毛質によって効果に個人差はありますが、約2ヶ月くらいから効果を実感できるはずです。

    iライン、oラインはメーカー推奨ではありませんので、自己流で工夫しながら自己責任で多くの男性が実践しています。

    ケノンvio口コミ・まとめ

    ケノンでvio脱毛するメリットは、デリケートゾーンの雑菌の繁殖や臭いを防止する働きがあります

    また、見た目もスッキリしてキレイになり、想像以上にvio全体のツルツル感を実感するはず。

    メーカー推奨はvラインまでですが、肌の調子を見ながらiラインやoラインの脱毛を行なってるユーザー(女性・男性)は多いです。

    ケノンを使用したvioの処理は、サロンに通って他人に見られる恥ずかしさはありません。多くの女性のvio脱毛に、ケノンの自宅脱毛が選ばれています。

    また、ケノンの自宅脱毛は、サロンに通うよりvio脱毛を格安で済ませることができ、人気があります。

    ケノンを上手に活用して、自宅にいながら本格的なvioのフラッシュ脱毛を始めてみませんか。
    ↓ ↓ ↓

    >>ケノン・詳細をみる

    \ケノンvioに効果あります!/

    ケノンvio