ケノン vioやり方や頻度|粘膜部分は抜けない?

ケノン vioやり方や頻度|粘膜部分は抜けない?

ケノンでvio脱毛を考えるとき、vライン・iライン・oラインのケノンの使い方はどうするのか?

デリケートな箇所なので、ケノンの使い方が不安ですよね。

また、ケノンvioのやり方は?痛くない照射レベルは?vioに適したカートリッジは何を選べばいいの?いろいろ考えてしまいます。

ケノン購入する前はいろいろ考えてしまいますが、ケノンは、多くの女性・男性のvio脱毛として選ばれてるという事実があります。

でも、デリケートゾーンなので、粘膜(iライン)あたりの照射が不安という女性も多いです。

また、iラインは簡単に毛が抜けない(抜けにくい)ということもあり、他の部位に比べると少しだけ時間がかかります。

ケノンを使ってvio脱毛するには、しっかり冷やすことがポイント。照射する前は必ずしも全剃りしなくてもOK.

ケノン公式サイトでは、多くの女性がケノンを使用したvioのやり方など、照射レベルの数字が具体的に掲載されていますので、購入する前の参考にしてみてはいかがでしょうか。

\ケノンはvio脱毛に選ばれています/

美顔器

ケノン vioの使い方

ケノン vio 使い方

デリケートゾーンを人前で見せるのは恥ずかしいという理由から、ケノンをvio脱毛に選ぶ女性・男性は増えています。

恥ずかしいという理由から、vioだけは家庭用脱毛器でしたい!と言う人は本当に多く、2008年の販売からロングラン中のケノンが選ばれています。

ケノンはカートリッジの種類も豊富で、付属のプレミアムでもvioはカバーでき、照射間隔も2週間に1度の頻度でOK.

毛の周期があるので、毎日あてたり3日に1回の間隔で照射しても無意味です。

ケノン vio脱毛の使用する間隔は、基本的に2週間に1回の頻度で行なっていきます。

ケノン iラインのやり方

ケノン iライン

iラインは、粘膜や黒ずみがあるためとてもデリケートな部位です。

ケノンを使ってiラインを脱毛するには、照射レベルとクーリング(保冷)に注意して行います。

iラインは、他の部位に比べて毛周期が長く、成長期が1~2年、休止期が1~1.5年です。

休止期にケノンを照射しても効果はありません。

ケノンでiラインが抜けない理由

iラインは、他に比べて毛が抜けないと言う悩みも多いですが、毛周期から分かるように定期的な長いスパンで行なっていくことが重要です。

「ケノンはvioが抜けない」のではなく、抜けるまでに他の箇所より時間がかかります。

vioの中でも特にiラインは毛周期の長さと、粘膜部分の関係から照射レベルを落とす傾向がありますので、時間がかかってしまうのですね

ケノン iライン 毛が抜けない

そこで、しっかり冷やすことがiライン脱毛にとって凄く重要になってきます。

クーリングしなければ、痛みや火傷のリスクが高くなる他に、照射レベルを上げることができません。照射レベルが低いと、脱毛を実感するスピードが遅くなります。

iライン脱毛は、照射前と照射後にしっかり部位を冷やすこと。

ケノン iラインの照射レベル

iラインの照射レベルは、肌の様子や痛み具合をみながら、4~5くらいから始めてみて少しずつ上げてみてはいかがでしょうか。

しっかり冷やさないと痛みがあり、照射レベルを上げることができなくなります。

メーカー推奨はvラインまでです。でも、iライン、Oラインは自己責任でみなさんやられています。

照射前はシェーバーやカミソリで簡単に処理しときます。(難しい処理は必要ありません。)

ケノン oラインのやり方

ケノン oライン

ケノンを使ったoライン脱毛のやり方は簡単です。

ケノンoライン脱毛の体勢

ケノンを使ってoライン脱毛するときの体勢は、色々なやり方がありますが、ご存知のようにオーソドックスな鏡を使った方法がおすすめです。

鏡を跨ぐように脱毛します。コツは痛みを和らげるためにも、照射前にしっかり冷やすこと。

事前処理は、フェイスシェーバーなどを使って行うと簡単に剃ることができます。

ケノン oラインの照射レベル

ケノン oライン脱毛は痛みを伴うことがありますので、照射レベル5から始めてみてはいかがでしょうか。

肌の調子や痛みの度合いを確認しながら、徐々に照射レベルを上げていきます。

照射前はしっかり保冷剤で冷やしてください。

ケノン vioの頻度

ケノンを使ったvio脱毛の頻度は、2週間に1回の頻度で行いましょう。

ただ、デリケートゾーン(陰部)は毛周期が長く、定期的に続けていく必要があります。

vioの毛周期に合わせた使用頻度

部位によっても毛周期は変わりますが、vio(アンダーヘア)の毛周期はサイクルが長いです。

vio(陰毛)は1~2年の成長期を経て、1年から1年半の休止期に入ります。

成長期と休止期のサイクルが長いため、2週間に1度の使用頻度で脱毛を行うのに適しています。

vio脱毛の頻度は、基本的に2週間に1度の間隔で行います。

肌の調子やムダ毛の生え具合によって、ケノンの頻度を週一に変えてもOK.

しかし、毎日ケノンを使ったり3日おきにvioを照射しても意味がありませんので、注意してくださいね。

ケノンはvio全剃りしなくてもOK

ケノンでvio脱毛をするとき、必ずしも全剃りする必要はありません

全剃りとは、ハイジニーナのようにツルツルに剃るという意味です。

毛量を減らしたい部分だけピンポイントで剃ってケノンで照射します。

ただし、脱毛したい箇所の剃り残しがあると、ゴムで弾いたようなパチっと痛みが走ることがありますので、剃り残しがないように剃ってくださいね。

いつものようにカミソリやシェーバーで処理するだけでOK.特別な処理は必要ありません。

目的がハイジニーナなら全剃りしていきます。全剃りで脱毛すると、毛周期や毛根の違いからまだらに生えてきます。(徐々に薄くなっていく)

vioは他の部位に比べて太く剛毛タイプ。根気よく続けていくことがポイントです。個人差はありますが、3~4ヶ月くらいから徐々に細くなってるのを感じるはず。

ケノン vioに適したカートリッジ

ケノンでvio脱毛をするときに、前もって準備しときたいカートリッジを紹介します。

ケノン プレミアム

ケノンvio脱毛で必要なカートリッジは、プレミアムカートリッジです。

プレミアムは、ケノン本体に付属しているカートリッジです。照射回数が最多なので照射レベル1で100万回、照射レベル10で30万回使える万能カートリッジ。

照射面積も広く、1つあるだけでvioを含めた全身脱毛が、お部屋にいながらできちゃいます。

ちなみに、エクストララージは照射面積最大のカートリッジですが、ピンポイントのiライン脱毛には向いていません。

ケノン プレミアムは、照射力、照射面積のバランスが良く、広いvライン処理からピンポイントで脱毛したい時まで、バランスのとれたカートリッジです。

ケノン vioはストロング

ケノン ストロング

ストロングは、ケノン史上最大の出力を誇るカートリッジです。vラインなどの太い毛を脱毛するために開発されました。

アンダーヘアの太く毛量が多い女性・男性にストロングは適しています。

照射面積もプレミアムより小さく強さがあり、ピンポイント脱毛に適しています。

ストロングカートリッジをvioに使うなら、照射レベルを4~5くらいに落として痛みを確認しながら徐々に上げていきましょう。

そのためにも、vioをしっかり冷やすことが大事です。

ケノン vioやけど(副作用)

ケノンを使ってvio脱毛をする際、注意しときたいのが火傷です。

vioのやけどを防ぐには、照射する部分をしっかり冷やすこと。

特にiラインは、粘膜や黒ずみが人によって気になることもあります。照射前や照射後のクーリングが、iライン脱毛のポイントになります。

ケノンは付属のクーリングパック(保冷剤)がありますので、それを使ってvioを照射前と後に冷やします。

広い部位の冷却は、アイスノンを使うと楽になりますよ。

ケノン vio 生理

生理中や生理前は、ホルモンバランスの影響で敏感肌に傾いてることもあります。敏感肌に傾いていると、痛みを感じやすくなることも。できるだけケノンを使ったvio脱毛は避けましょう。

しかし、どうしてもタイミング的に脱毛したいなら、照射レベルを落として肌の様子をみながら火傷に注意して行ってください。

ただ、一般的には生理前や生理中のvio脱毛はお休みした方が、お肌的にも無難です。

ケノン vioのq&a

ケノンvioについての疑問(Q&A)をまとめました。vio脱毛する前の参考になると幸いです。

vio脱毛する前は剃ったほうが良い?

vio脱毛する前は、ムダ毛を剃る必要があります。

全剃りしたり深ぞりする必要はなく、普段使ってるカミソリやシェーバーでOKです。

特別なムダ毛処理はいりません。

しかし、毛抜きで抜くのはNGです。毛根がなくなるとケノンは脱毛することができなくなります。

ケノンはvio脱毛しても大丈夫?

ケノンはメーカーが推奨しているのはvゾーンまで。iライン、Oラインは自己責任で行っていきます。

しかし、ケノンは多くの女性のデリケートゾーン脱毛として選ばれています。自宅で脱毛するなら家庭用脱毛器として1つ持ってても損はしません。

vio脱毛のメリット

ケノンを使用してvio脱毛するメリットは、大きく分けると2つあります。

(1)衛生的であること

(2)見た目が良くなること

自然なナチュラル派も良いと思いますが、雑菌の繁殖やニオイが気になる場合はきちんと脱毛することをおすすめします。

また、今は、将来的な介護を想定した介護脱毛や、病院への入院等を含めた「お世話になる」場合のためのvio脱毛を受けられる人も増えています。

ケノン vio脱毛に適したカートリッジは?

vio脱毛に適したカートリッジは、本体に付属しているプレミアムで十分です。

プレミアムは、ケノン史上最多な照射回数を誇るカートリッジです。コスパも良く、vラインなどの太い毛も脱毛でき、非常にバランスが取れています。

vioを含めた全身脱毛に適していますので、ケノン本体付属のプレミアムだけでもOK.

また、オプションのストロングカートリッジは、プレミアムに比べて照射面積が小さくvioなどのピンポイント脱毛に適しています。

ストロングは出力が強いので、照射レベルに注意しながら、部位によってプレミアムと使い分ける人もいます。

ケノンvio まとめ

ケノンを使ってvio脱毛するには、照射前のクーリングが重要です。

iラインは粘膜や黒ずみが気になり、照射レベルを下げて行いますので、効果を実感するのが遅く感じ「毛が抜けない」ということになることも。

肌の調子を見てやけどに注意しながら、保冷剤でしっかり冷やして脱毛してください。

ケノンを使うポイントは、

  • 1~2週間に1回の頻度
  • vio照射レベルは4~5からスタート
  • iライン(粘膜)に注意する
  • しっかり冷やす
  • 照射後の保湿ケアも重要
  • ケノンを上手に活用して、自宅にいながら本格的なvio脱毛をしてみませんか。
    ↓ ↓ ↓

    >>ケノン・詳細をみる

    \ケノン vio脱毛/

    美顔器