ケノンvio脱毛はツルツルか全剃り?頻度・期間はどれくらい?

ケノンvio脱毛はツルツルか全剃り?

ケノンを使用してvio脱毛するのにツルツル(全剃り)に処理した方が良いのか?

(※ツルツルとは全剃りという意味です。)

また、綺麗にツルツルに処理しないといけないのか?迷ってしまいますよね。

例えば、ハイジニーナにするならツルツルに処理した方が脱毛しやすいですし、トライアングル(逆三角形)などのデザイン脱毛なら必ずしも全剃りする必要はありません。

ケノンのvio脱毛は、厳密に綺麗にツルツルする必要は基本的になく、いつものような感じで処理して大丈夫です。

あくまでも、全処理のツルツルが目的ではなくvioを薄くするのが目的ですから、シェーバーやカミソリを使ってできる範囲で処理します。

vio脱毛はツルツルが脱毛しやすいのですが、ポツポツ残した感じでもOKです

また、結果的にvioをツルツルにしたいなら、ケノン脱毛を1〜2年以上の期間続けます

vioをツルツルにする期間

vioをツルツルにする期間は、毛の量や毛質、ホルモンバランスの変化やタイミング等によっても個人差があります。

大まかな目安として、vioをツルツルにするなら2年くらいの長さで地道に計画を立てて行います。

自己処理が楽になる期間は15~20回です。約1年を目安にします。

 薄くする(自己処理が楽になる)ツルツルにする(自己処理が楽になる)
ケノンvioの期間15~20回(1~1年半)30~40回(2~3年)
効果約6ヶ月間、何も処理しなくても生えてくるのは産毛程度。ほとんど何もしなくても良くなる。(永久脱毛ではありませんので定期的なメンテは必要)
おすすめする人vio以外も脱毛したい人vio以外も脱毛したい人

ケノンは照射を重ねていくほど、vioの毛が生えてくるスピードが徐々に遅くなり弱々しくなってきます。

薄い毛質の人なら毛が生えてくる頻度が長くなるのをすぐに実感すると思います。

あくまでも平均的な期間・頻度・回数なので、2~3回でスルッと抜けたというケースもあります。

永久脱毛のような完全なツルツルを目指すなら医療系脱毛をおすすめします。

しかし、家庭用脱毛器を選ぶなら最もユーザーが多くいるのがケノンです。たくさんの女性がvio脱毛にケノンを選ばれていますよ。

ケノンvioはツルツル・全剃りが脱毛しやすい

ケノンを使ってvioをハイジニーナ脱毛するときは、ツルツル・全剃りする方が脱毛しやすいです。

ただ、ツルツルと言っても毛の生えてくる流れに沿って全剃りしてください。

逆剃りでザラザラ感がなくなるまで剃っちゃうと、フラッシュ脱毛の特徴からフラッシュ光線が毛に届きにくくなり効率的に脱毛できません。

理想はvio脱毛の前日にツルツル(全剃り)に処理し、脱毛当日は毛のザラザラ感が出てきたくらいがおすすめです。

ケノンを使う前にvioをツルツルにする方法

ケノンを使ったvio脱毛は、脱毛前にツルツルに処理します。やり方はカミソリかシェーバーを使っての処理です。

必ずしも綺麗にツルツルにしなくてもOK. シェーバーでカットしても大丈夫です。

厳密に綺麗に剃らなくてもザラザラ、ポツポツ感が少し残るくらいが処理しやすいこともあります。

特にiラインはカミソリで綺麗に剃ることが難しいこともあります。その場合は、専用のシェーバーなどを使って大まかに処理しましょう。

ケノンvioでツルツルにするメリット

ケノンを使ったvio脱毛で、ツルツルに処理するメリットは3つあります。

処理が楽になり効率よく脱毛しやすくなりますので、メリットをお伝えしますね。

フラッシュ光線が毛根に届きやすい

vioの毛が伸びた状態だと、表面上にある毛だけを処理することになります。

せっかくケノンを使ってvio脱毛するわけですから、毛根までしっかり熱を加えてvioの発毛機能を弱めたいですよね。

ケノンを使う前は、できるだけ毛をツルツルに処理します。ただ、ツルツルにすることにより痒みや刺激を感じる場合は、短くカットするだけでも脱毛の効果は違いますよ。

vioのデザイン脱毛がしやすい

人気のトライアングル(逆三角形)などのデザイン脱毛は、一度全剃りして型を当てることで脱毛しやすくなります。

また、Vラインを剃って周りだけ脱毛してもかまいません。一気に全剃りするのに抵抗があれば下着からはみ出る箇所のみを処理してください。(慣れてくれば徐々に形を整える)

カートリッジが汚れにくい

ケノンを使用していくとフィルター部分に焦げた毛が付着してきます。

毛が付着してきますが、ツルツルだと汚れが付きにくくなります。

毛を伸ばした状態でvio脱毛すると、フィルター部分に焦げた毛がついてしまいますので、脱毛効果が低下します。できるだけ短く処理してください。

毛や汚れが残ってる状態だと効果が徐々に低下してきますので、こまめに綿棒やアルコールを混ぜた布で掃除(メンテナンス)します。

ケノンvioは剃らずにしてもOK?

剃らずにケノンで照射すると毛がチリチリになり、痛みを感じやすくなるというケースもあります。ある程度残したほうがケノンの効果は効きやすいということもあります。(手で触ってザラザラする感じ)

剃らずに照射するよりは、毛の流れに沿って処理するのがケノン脱毛には適しています。

ハイジニーナ(ツルツル)にしたくない人は、カミソリで全剃りしなくても大丈夫です。(下着からはみ出る部分のみ処理したい人)

ただし、一度全剃りしてツルツルにした状態からデザイン型をあて、型の周りだけを照射すると、トライアングルなどのデザイン脱毛がしやすいです。(自分のやり易いやり方でOKです。)

また、全剃りして痒みが出た場合は、カミソリで全剃りせずシェーバーでカットします。男性の場合は髭剃り用やバリカンでもOKですよ。

シェーバーでの処理は、ツルツルにならないのでかゆみを抑えられ、カミソリに比べると安全に脱毛前の下準備ができるのでおすすめかも。

カミソリが怖い!という方はシェーバーで処理してくださいね。

ケノンvioはトライアングルがおすすめ

ハイジニーナ(ツルツル)にする勇気がない方は、ケノンを使ったトライアングルがおすすめです。

トライアングル(逆三角形)は、大きさが(大・中・小)とあります。形も自然な仕上がりで温泉や岩盤浴などの公衆浴場でも恥ずかしくありません。

ケノン トライアングル

(※衛生的な面を考えると、今はハイジニーナも一般的になってきました。)

ケノンは、同時購入でvio脱毛をデザインできるスタイルガイド(当て型)が販売されていますので、デザイン脱毛がしやすいです。

ケノンvio脱毛はデザインできます

トライアングル(逆三角形)は、下着や水着からはみ出ないナチュラルな感じす。本来あるヘアーの形を活かしながらデザインすることができます。

トライアングルのミニバージョンは、iラインを専用のシェーバーやケノンで脱毛し、小さくスッキリさせることがポイント。生理の時に楽になったり、ムレや匂いを抑える効果があるのでおすすめです。

トライアングルはVラインを活かしながら下着からはみ出ないように処理してください。

ケノンのvio脱毛の頻度は?

ツルツルに処理した状態でも、ポツポツ残した状態でも、ケノンの使用頻度は基本的に2週間に1回です。

毛の量が多かったり、太い剛毛タイプなら肌の調子を確認しながら週一の頻度で脱毛してもOK.

生理やホルモンバランスの影響で3週間に1回の頻度になることもあるかもしれませんが、そこは柔軟に対応してもかまいません。

毛周期を考えると2週間に1回の頻度が効率的に脱毛できるということです。

自分のvioの生え具合を確認しながらペースを調整してください。

ケノンvio脱毛ツルツルにする・まとめ

ケノンvio脱毛をする前処理の仕方をまとめると3つです。

  • カミソリかシェーバーを使用する
  • ポツポツ残っててもOK
  • 痒みがある場合はシェーバを使う
  • ツルツルにするのは厳密にポツポツ感が残ってても大丈夫です。

    いつものシェービングでOK。剃りにくい箇所はシェーバーで処理します。カミソリで剃らずに脱毛することもOK.