ケノン 髭の効果は?ケノン効果的なやり方を解説

この記事を読む時間:約 2

ケノン 髭の効果は?髭脱毛の効果的なやり方を解説

ケノンは髭に効果はあるのか?ケノン 髭のやり方は?照射レベルはどれくらいが適してるの?本当に効果なしなのかなど、すごく気になってしまいます。

また、使用頻度に効果的な使い方など、ケノンを購入する前は何かと不安があります。

ストロングとプレミアムは、どちらが髭の脱毛に効果があるのかということも、迷ってしまう材料の1つかもしれませんね。

ケノンは髭に効果あります。

また、プレミアムは、照射回数と照射パワーのバランスがとれた、ケノン史上最もコスパの良い日本製のオリジナルカートリッジです。

プレミアム1個あれば、髭(鼻下・あご・頬・もみあげ・首)の脱毛すべてに対応します。

それから、鼻下、口下、あご、両ほほ、もみあげ、顎下、首など、広い範囲の脱毛を素早く済ませたいなら、照射面積最大のエクストララージです。

エクストララージなら時短につながりますので、髭の脱毛で時間的なストレスを感じなくなります。

ストロングは、髭などの太くガンコなムダ毛を脱毛するために国内で開発された純日本製のカートリッジです。(ケノン本体も日本製です)

ストロングは、ケノンの史上出力最大のカートリッジです。髭脱毛に効果的で多くの男性に愛用されています。

豊富なカートリッジと照射パワーを兼ね備えたケノンは、2008年のシリーズ発売以来、10年以上口コミだけで多くの男性・女性の髭の脱毛器として選ばれ続けてる実績があります。

ケノンは10年以上も家庭用の髭の脱毛器として、カミソリ負けや埋没毛に悩んでいる多くの男性に選ばれています

ケノンは効果があります

ケノンを使って髭の脱毛を半年以上定期的に続けていけば、生えてくるペースが遅くなり、毎朝の髭剃りが楽になるのを実感してきます。

カミソリ負けや、夕方の青みがなくなったという男性もいらっしゃいます。

ケノン髭の効果

ケノンを活用して髭を薄くしませんか。ケノン公式サイトはこちらです
↓ ↓ ↓

>>ケノン・詳細をみる

\ケノン 髭の脱毛に!/

脱毛器ケノン

ケノンは髭に効果なし?

ケノンは髭に効果なし?ということが購入する前は心配だと思います。しかし、多くの男性が髭脱毛の効果を実感してるという実績があります。

ただし、毛根が深い男性の髭の脱毛は時間がかかります。

例えば、連射モードではなく1ショットモードが髭には適しています。照射レベルは8~10を目安にしてください。それを1週間に1回のサイクルで照射を繰り返します。

ケノン髭の効果は、定期的に半年以上続けるこのにより、「減ってきたかな」というペースです。

ケノンの髭脱毛は時間がかかりますが、期間目安は半年サイクルで効果を見ていきます。

髭には毛周期があります。現在眠ってる休止期の髭が数ヶ月後に生えてきますので、効果を実感するには、定期的に半年以上続ける必要があります。

髭のしぶとさと毛周期のことが分かってなければ、ケノンは髭に効果なし、という誤解が生じてしまい途中で諦めてしまうことも。

ケノン 髭に効果なし?4つの理由

ケノンを活用していて髭に効果なし?と感じてしまう理由は大きく分けると4つあります。

  • (1)髭の照射漏れ
  • (2)ケノンの照射レベルが低い
  • (3)髭脱毛の期間が短い
  • (4)髭の毛周期を考慮する
  • ケノン 髭の照射漏れ

    ケノンで髭の脱毛をしてると照射漏れを起こす可能性もあります。照射漏れとは髭(顔のムダ毛)の一部分にフラッシュ光線が当たらなかった状態です。

    照射漏れを頻繁に繰り返してると、髭の脱毛効果に差が出たり、効果を実感するまで時間が長くかかったりすることもあります。

    しかし、凹凸のある口周りや首、頬の脱毛の照射漏れを完全になくすというのは難しいです。

    照射漏れは、エステサロンでも起こりえることです。ある意味仕方ないこと。根気よく髭の脱毛を続けていくしかありません。

    照射パワーの強いストロングでアゴ部分を集中的に行い、照射面積の広いエクストララージカートリッジで、頬や首周り全体を脱毛する、というふうにカートリッジの使い分けをするのも効果的にケノンを使って髭脱毛するコツです。(プレミアムとストロングでカバーできます。)

    照射漏れは、エステサロンで働く熟練したプロでも起こりえます。大事なのは再照射すること、ケノンならあなたが納得いきまで何度でもできます。

    ケノン 髭への照射レベルが弱い

    ケノンは、髭への照射レベルを弱くすると効果を実感するまで時間がかかってしまいます。

    ひげ脱毛には、照射レベル8~10のワンショットモードがおすすめです。

    連射モードは肌に優しいですが、髭へのダメージが与えにくいです。パワフルなワンショットモードを選びましょう。

    また、濃い髭の場合は重ね打ちも有効です。しっかり冷やして火傷に注意しながら脱毛していきます。

    ケノンの髭への効果を短期間で求める

    男性の髭は毛根が深い位置にあるため、ほかの部位に比べて脱毛の効果を実感するのに時間がかかってしまいます。

    照射レベルを上げることや重ね打ちをすることも髭脱毛の効果を実感するコツですが、半年以上ケノンを続けることも大事です。

    また、ケノン使用する前は髭の深剃りに注意しましょう。毛抜きで抜くのはNG!

    ケノンは毛根がなければ照射することができません。髭の焦げた臭いを感じながら定期的に続けていくことがケノン 髭 脱毛のコツです。

    ケノン 髭の周期がずれてる

    ケノン 髭脱毛で効果なし?と感じる理由の一つにヒゲの周期が関連してることもあります。

    髭の周期に個人差はありますが、髭は「成長期」「休止期」「退行期」と3つの周期(サイクル)を繰り返して生えてきます。

    全体の6~7割の活動が停止している休止期です。その休止期を意識しながら、半年単位で脱毛していくことも重要です。

    ケノンで髭の脱毛を繰り返していくうちに、髭の減少と一緒に毛周期も延びてくることもあります。徐々に生えてくる間隔が長くなってきます。焦らず定期的に髭の脱毛をおこなっていきましょう。

    ケノンのひげ脱毛は女性に効果あり!

    ケノンのひげ脱毛は、女性の口周りのひげに効果あります。

    女性の方でもひげが濃く悩んでいる人はいます。多くの人は日常生活で何らかの恥ずかしい経験があるといいます。

    ケノンは男性のひげの脱毛に効果があり、多くの女性・男性の方が、自宅にいながらケノンをひげ脱毛として愛用しています。

    照射レベルは5~8くらいから始めてみて下さい。ワンショットモード(連写モードではない)が強力で、ひげの脱毛にはおすすめです。

    女性のひげくらいなら、男性のひげに比べて効果を実感できるスピードは早いです。

    しかし、女性の場合は、男性のひげと違って産毛や細い毛も多く、時間がかかってしまうことも。できるだけ早く脱毛したいならエステサロン。自分のタイミングで脱毛したいならケノン。

    ケノンは、美顔機能が付いてるカートリッジもあリ、毛穴を引き締める作用があります。美顔機能をひげの脱毛と同時に活用してください。

    また、ひげの本数が少なければ、ニードル脱毛を考えてみても良いかもしれません。

    ケノンのひげ脱毛は女性のひげに効果があり、予約を取らずに自宅でできるのでおすすめです。

    ケノン髭のやり方(使い方)

    ケノン 髭のやり方(使い方)は簡単です。しかし、効率よく髭を脱毛するにはやり方に少しのコツがいります。

    照射回数、照射レベル、照射モードの選択など、自分の髭や肌の状態を確認しながら定期的におこなっていくのもポイントのひとつ。

    男性の髭は、他の部位に比べて太く濃いです。

    ケノンは、ワンショットモードと連射モード(3連射・6連射)の2つの照射モードがあります。

    連射モードは、パッパッパっと光を分散して照射するので肌に優しいですが、髭にダメージを与えにくいです。ヒゲ脱毛には、『ドスン』と重みのある照射でダメージを与える、ワンショットモードに切り替えます。照射レベルは8~10が理想的。

    ケノン髭の脱毛の効果的なやり方とコツ

    ケノンを使用した髭の脱毛のやり方は、コツが3つあります。

    髭を剃る、肌を冷やす、照射後の保湿、この3つのコツが、髭を綺麗に脱毛するのに重要です。

    ケノンを使う前に髭を剃る

    ケノンを使う前は、事前に髭の処理をしときます。特別な処理はいりません。いつも使ってるカミソリやシェーバーでOK.

    しかし、深剃りや毛抜きはNGです。髭の断面が見えるくらいがベスト。できれば前日に処理しときたいところですが、朝の髭剃りで大丈夫です。

    髭の長さは1~2ミリがベストと言われていますが、深ぞりしたり髭を抜くような処理をしなければ、いつもの処理でOKです。

    ケノン髭のやり方は、あなたのライフスタイルに合わせて、脱毛する時間やタイミングを調整してください。

    ケノンで髭の脱毛する前に冷やす

    ケノンで髭の脱毛する前は、クーリングパックで確実に冷やしてください。

    口の周りは神経が敏感です。痛みを感じやすい箇所でもあります。冷却を怠ると肌が赤く腫れたり、赤み(跡)が残る可能性もあります。

    ケノンで照射する前はしっかり冷やして、痛みや腫れ、赤みのリスクを抑えながら照射レベルを少しでも上げていきます。

    冷却は火傷のリスクを減らすことにもなりますので、照射前はしっかり冷やしましょう。

    ケノンの髭脱毛の後はしっかり保湿!

    ケノンの髭脱毛を効果的に引き出してくれるのが保湿です。

    ケノンが採用しているフラッシュ脱毛は、熱を発するため照射後は肌が乾燥しやすくなっています。

    肌が乾燥した状態になるとバリア機能が損なわれた状態になってしまい、肌トラブルを引き起こしやすくなります。埋没毛のリスクに要注意です。

    ケノンの髭脱毛後は、保湿クリームや化粧水などでしっかり保湿しましょう。

    ケノン 髭は照射レベルが重要

    ケノンを使って髭の脱毛する最適な照射レベルは8~10

    ただ、鼻下や口周りの皮膚は刺激に敏感です。肌の調子や痛みの度合いをみながら自分に合った照射レベルから始めてください。

    ケノンの髭の痛みの対処法

    ケノン 髭の脱毛は痛みを感じやすいため、照射レベルを低く設定してしまうこともあります。

    痛みがあるからと言って照射レベルを低レベルに設定してしまうと、髭脱毛の効果が薄れてしまいます。痛みを和らげるには保冷剤でしっかり冷やすこと。

    また、臨機応変にカートリッジの使い分けも重要。照射パワー最大のストロングから、プレミアムやエクストララージに替えて痛みを抑えるのも有効です。

    ケノンで髭を脱毛する前にしっかり冷やしましょう。冷やすことにより痛みも減少し高出力で照射できるので髭を効率よく脱毛でき効果を早く実感できます。

    肌の調子や痛みの度合いに合わせて、カートリッジや照射レベルを変えることができるところが、ケノンが髭脱毛として選ばれてる理由の一つです。

    ケノン 髭の脱毛は火傷を注意する

    ケノン 髭の脱毛でクーリング(冷却)を怠ると、やけど(赤み)になる可能性もあります。

    鼻下、口下、頬、あご、首部分は刺激に弱いのです。火傷のリスクを抑える為にもクーリングをしっかり行いましょう。

    ケノン髭の脱毛の頻度

    ケノン 髭の頻度の基本は2週間に1回です。しかし、髭が濃い場合は1週間に1回の頻度でもOK.

    ただ、毎日しても意味がありませんので、照射間隔は少なくとも1週間空けましょう。

    髭が濃く太い男性は、1週間に1回の頻度で重ね打ちしながら、定期的に続けていくのがケノンを使って髭脱毛するコツです。

    ケノンの髭の脱毛は日焼けした肌にも使える?

    顔に強い日焼けをしてる場合は、ケノンの髭脱毛は控えてください

    日焼けが落ち着いてからケノンを使いましょう。

    その場合、しっかり冷やして照射レベルを下げた状態から肌の調子を見ながらスタートしてください。

    しかし、あまり照射レベルを下げると髭へのダメージが薄くなり、効果を実感することが難しくなってしまいます。

    ケノン髭の脱毛・ホクロのやり方

    ケノンはホクロへの直接の照射はできません。火傷の原因になり危険です。

    髭の脱毛をする際に顔にほくろがある場合は、ばんそうこうなどをカットして隠しましょう。

    ファンデーションを使ってピンポイントで隠してもOK.

    ケノンは、メラニン(黒色)に反応してフラッシュ光線を照射する脱毛法です。

    ほくろを隠すか、周りの肌に近づけるという対策をすることにより、髭の脱毛は可能になります。

    ケノンで髭脱毛の照射間隔と使用頻度と照射レベル

    ケノンの使用頻度は、基本的に2週間に1回の頻度で行います。しかし、男性の髭の場合は1週間に1回の頻度がおすすめです

    毛質や髭の量によって使用頻度に個人差はありますが、男性のしぶとい髭の脱毛は1週間に1回の使用頻度で行うのが髭を薄くする近道です。

    カミソリやシェーバーは、皮膚の表面を削り炎症などの肌トラブルを引き起こす可能性があります。毎日剃っても剃ってもすぐに髭が生えてきます。ケノンで髭の脱毛を定期的に続けていけば、毎日の髭処理の回数も徐々に減ってきます

    ケノンで髭の効果がでる期間は?

    ケノンの効果(髭)を実感できるのは、髭の量や毛質によっても個人差はありますが、照射レベル8~10で約3ヶ月から髭の発毛スピードに変化を感じます。以前に比べて毛抜きで抜いても抵抗なくスルッと抜けるはずです。

    いきなり照射レベルを10(最大)で行うのが不安なら、最初はレベル5からスタートします。3回目からレベルを7~8に上げて徐々に10(最大)にしましょう。

    ケノンで髭の効果を実感できるのは約3ヶ月からです。しかし、人によって2回目から髭がスルッと抜ける効果を感じる男性もいます。

    ケノンの髭の脱毛が順調に進んでいけば使用頻度も下がります。生えてくる本数もまばらになってきますので、照射範囲が小さくなり髭の脱毛が楽になります。結果的に時短につながります。

    ケノンの髭の脱毛にはストロングが最適!

    ケノン ストロング

    ストロングカートリッジは、ガンコ(剛毛)な髭や太いムダ毛を処理するために開発されました。

    ケノン史上出力最大のカートリッジです。

    照射回数は理論上レベル1で約8万5先発、出力最大のレベル10で約8400~8500発です。

    照射面積がプレミアムに比べて小さいので、鼻下や口周りにあてやすくピンポイントで髭脱毛できます。

    照射面積が広いプレミアムやエクストララージと組み合わせて使用すると、凸凹な顔の脱毛が効率的に進みます。

     ストロング・カートリッジ
    照射回数約8万5千(Lv1)
    約8400~8500(Lv10)
    照射面積3cm ×1.5cm
    特徴出力最大(髭・剛毛専用に開発されたカートリッジ)

    ケノンとトリア・髭に効果あるのはどっち?

    ケノンとトリアは、どちらが髭の脱毛に効果があるのか?気になると思います。

    ケノンもトリアもひげの脱毛に効果はあります。照射パワーだけで見るなら、ケノンとトリアのどちらを選んでもOKです。

    しかし、照射面積が広いのは断然ケノンです。トリアは照射面積が約1cm2しかありませんので、トリアのひげの脱毛は時間がかかります。

    また、トリアは本体一体型なので、総重量が584gもあり片手で持ち続けるのが大変です。

    ちなみにケノンは、ハンドピース(持ち手)が120gでスマホより軽く作られています。

    トリアは照射面積が小さいので、ピンポイントで射つことに適しています。

    ケノンは、プレミアム、ストロング、エクストララージと、髭を脱毛するのに適したカートリッジが豊富に用意されており、多くの男性の髭脱毛に選ばれています。

    初めて家庭用脱毛器で髭の脱毛するならレビュー数が11万件以上、愛用者が50万人超えのケノンがおすすめです。(青髭や剛毛に悩んでいる男性にケノンは選ばれています。)

    髭以外の全身脱毛も視野に入れてるなら、照射面積が広く出力最大のストロングが用意されているケノンです。

     ケノントリア
    価格69800円54800円
    効果遅い比較的早い
    痛みほとんどない痛い
    照射面積広範囲小さい(ピンポイント)
    カートリッジありなし(一体型)
    重さ120g(スマホより軽い)584g
    特徴全身脱毛におすすめピンポイントにおすすめ

    ケノンとメンズエステ・ひげに効果あるのは?

    髭の脱毛がしたいけど時間がない、近隣にメンズエステがない、という男性にケノンは選ばれています。

    メンズエステは髭脱毛が1回、3万円〜。クリニックの場合は口周りが約7万円、頬、もみあげ、首元を含めると約20万くらいかかります。

     ケノン某エステサロン
    価格69800円(買い切り)3万から
    回数無制限1回(クリニックは20万以上)
    予約なし要予約
    追加料金なし(納得いくまで自由)延長したい場合(あり)

    ケノンは買い切り型です。1度購入しとけばエステやクリニックのように予約や追加料金といった煩わしいことを考えずにすみます。

    ケノンの髭 脱毛は、誰にも気を使わずに自宅にいながらあなたが納得いくまで何度でも自由に脱毛できるメリットがあります。

    また、ケノンは1台で美顔器と脱毛器の2つを叶えてくれます。髭 脱毛後の美顔ケアにケノンを活用してみてはいかがでしょうか。

    フラッシュ脱毛は、美肌と毛穴引き締め作用の効果も期待できますので、髭の脱毛に悩んでいる男性の家庭用脱毛器としておすすめです。

    ケノン公式サイトはこちらです。
    ↓ ↓ ↓

    >>ケノン・詳細をみる

    \購入者の約半分は男性です!/

    脱毛器ケノン